• ホーム > 
  • 表側矯正と他のマウスピース矯正との違い

インビザラインとワイヤー矯正の比較

インビザラインとワイヤー矯正の比較

渋谷駅徒歩3分の歯医者「渋谷矯正歯科マウスピース矯正システム」では、適用可能な患者さんにはインビザライン治療をおすすめしています。特に見た目やメインテナンス性を重視する方にとっては最適な治療です。こちらのページでは一般的なワイヤー矯正と、その他のマウスピース矯正との違いを比較して解説していきます。

インビザラインと表側矯正との違いについて

  インビザライン 一般的なワイヤー矯正
装置の外観 インビザライン 一般的なワイヤー矯正
治療の方法 ワイヤーを使用せずに、透明で簡単に取り外しができる「アライナー」と呼ばれるマウスピースを使用。はめる習慣をつける必要があり。 固定式に矯正装置(ワイヤー・ゴムとブラケットなど)を使用するので、治療完了まで取り外しができない。歯科医師の管理のもと、計画的に治療を行う。
見た目 透明なので装着時も目立ちにくく、矯正していることがわかりづらい。 歯にワイヤーなどの装置を固定する必要があるので、マウスピース型に比べ目立ちやすい。
体への影響 金属不使用のため、金属アレルギーなどの心配がいらない。 金属製のブラケットやワイヤーを固定する必要があるので、金属アレルギーのリスクがある。
歯のお手入れ アライナーは取り外しが可能なので、今まで通りのブラッシングやお手入れで大丈夫。 矯正装置が邪魔になり、歯と歯肉のお手入れが難しい。いつもよりも丁寧にケアする必要がある。
装着時の感覚 素材が柔らかいので、ワイヤー矯正に比べると違和感が少ない。 ワイヤーやブラケットに慣れるまで時間がかかり、その間は違和感を覚えることもある。
治療中 2週間に1回程度の段階的な調整になるので、矯正の実感があり痛みも少ない。 装置が固定されるので、治療の進行具合が分かりづらい。また、調整時は慣れるまで痛みがでる場合がある。
ワンポイントアドバイス

インビザラインは取り外しが簡単という特徴があるので、お食事やブラッシングを今までと同じように行えます。さらに治療中の痛みが少ない点も大きなメリットです。矯正中はどうしても口元を気にしてしまうもの。しかし、インビザラインなら透明で目立たなく、痛みが少なく、さらに取り外しが可能なので治療時のトラブルを回避し、モチベーションを維持することができます。

他のマウスピース矯正との違いについて

  インビザライン マウスピースA マウスピースB マウスピースC マウスピースD
期間 数ヶ月~3年
適用症例 広い やや狭い
難症例 ×
来院の回数 1回/1ヵ月 1回/3~5週間
マウスピースの厚み 薄い 厚い
マウスピースの交換 20~50回 5~10回
片アゴのみの治療 ×
特徴 型採り0回~ 高価 歯の動きが早い 安価
認定 認定医院 ×
認定医 ×
ワンポイントアドバイス

インビザラインと他のマウスピース矯正の違いには「治療の正確性と再現性」「来院間隔と期間」「料金」の3つがあります。

他のマウスピース矯正の場合は、技工士の技術によって精度にムラがあるケースもありますが、インビザラインの場合は多くの臨床データと高度な治療設計で高い正確性と再現性を実現します。歯型採りも1回で来院間隔も2~3ヶ月空けることができます。患者さんの負担を抑えた治療期間の予見も可能です。来院回数が少ないので料金も安くすむケースが多くなります。