• ホーム > 
  • 3Dスキャナー「iTero」

光学3Dスキャナー「iTero」で歯型をスキャン

先進の工学3Dスキャナー「iTero」で歯型をスキャン

インビザライン・アライナー(マウスピース)を作製する場合、従来ではシリコンの材料を使って歯型を採取していましたが、2011年頃から歯科先進国では精密性を高めるなどの目的で、歯型を取らない「3Dスキャナー」が登場しました。3Dスキャナーは、口腔内の状態を3Dデータとして精密に取り込むことができるため、シリコンでは再現できなかった細かな凹凸まで再現することが可能です。

当院では、より高精度なインビザライン・アライナーを作製するため、先進の工学3Dスキャニングシステム「iTero」をいち早く導入しました。これにより、多くの患者さんにより快適で安全な歯科矯正をご提供いたします。

「iTero」のメリット

インビザライン・アライナーの作製に「iTero」を用いることで、4つの大きなメリットがあります。

1.精密性・正確性

正確な形状採取が可能です

シリコンによる歯型採取では、不可能だった歯表面の細かな凹凸までデータとして採取することができるため、患者さん一人ひとりに合った極めて精度の高いマウスピースを作製することができます。また、シリコンは歯型採取の際に変形してしまうリスクがありましたが、3Dスキャナーならその心配がないため、正確な形状採取が可能です。

2.快適

「iTero」ならすぐにスキャンが完了するため、快適です

シリコン印象(歯型採取)は、シリコン素材を直接お口の中に入れなければならないため嘔吐反射が起きるなど、不快に感じる方も少なくありませんでした。また、歯型をシリコンに定着させるために、長時間静止しなければならないこともデメリットでした。「iTero」による3Dスキャニングなら、こうした心配は無用。口にものを入れる必要がなく、すぐにスキャンが完了するため、不快な思いをすることはありません。

3.安全

放射線フリー、シリコン誤飲のリスクもないため安全です

「iTero」の3Dスキャナーは放射線を一切使わないため、人体への影響はありません。また、お子様の歯型採取の際に起こりがちだったシリコン素材の誤飲のリスクもないため、どなたにも安全にご利用いただけます。また、スキャナーの先端部は取り外し可能で都度消毒を行うため、常に清潔な状態を維持できます。

4.スピーディ

マウスピース作製までスピーディに行えます

「iTero」の3Dスキャナーなら、スキャンしたデータをモニターですぐに確認可能。クリンチェック・シミュレーション(※)も早い段階で行えるため、マウスピース作製までの時間を大幅に短縮することができます。もちろん、再来院や模型の作り直しなどの心配も無用です。
※3Dデータで行う矯正治療開始から終了までの過程のシミュレーション

渋谷でインビザラインなら「渋谷矯正マウスピースセンター」当院へのお問い合わせはこちらから